メニュー閉じる

整形外科

ホーム 診療科 整形外科

診療科の特色

専門の高度な治療と、地域の医療機関と連携した治療を行います

当院では整形外科の疾患・外傷のほぼすべての領域をカバーしていますが、特に下肢の機能再建(足部・足関節、膝関節、股関節)、上肢機能再建(肩関節、肘関節、手関節)、脊椎変性疾患の治療、四肢・脊椎の外傷に力を入れています。
手術では足部・足関節手術の全般、人工関節置換術(膝関節、股関節、肩関節、足関節)、脊椎変性疾患に対する除圧・固定術、肩関節全般の手術、手の外科などが中心になります。スポーツ外傷・障害の手術(膝前十字靭帯再建、足関節外側靭帯再建、反復性肩関節脱臼の修復、軟骨損傷の修復)も積極的に行っています。
2021年4月から医師数は10人になり、より細やかでかつ機動力のある診療体制になりました。私たちの目標は「質の高い安全な医療の提供」です。このために常に新しい知識・技術を吸収して、整形外科のメンバー全員で治療方針を決定いたします。また高い医療レベルを維持するために若い医師の教育に力を注いでまいります。
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院整形外科をどうぞよろしくお願い致します。
診療体制
○足の外科分野

担当:原口直樹、有本竜也
外来日:水曜日、金曜日

足部と足関節(足くび)の慢性疼痛や変形、外傷を扱っています。具体的には変形性足関節症(軟骨の磨耗による足の痛み)、足関節骨折・踵骨(しょうこつ)骨折後の変形治癒や足関節捻挫の後の不安定症(捻挫ぐせ)、外反扁平足障害、外反母趾、スポーツ障害、足部変形、関節リウマチなどです。足部と足関節は人体の土台で歩行に最も重要な部分であり、この部分の痛みは日常生活を著しく障害します。 足部と足関節の障害は多岐にわたっており、診断そのものが困難であることが多く、治療には高い専門性が必要となります。担当する原口医師は、アメリカ足の外科学会元会長のDr.Myersonに師事し、2018年から当院に赴任、包括的な足の外科診療を行っております。

足の外科センター紹介ページもご覧ください。

○人工関節分野

担当:原口直樹、武居功、浅野孝太、有本竜也
外来日:水曜日、金曜日

変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性足関節症、変形性肩関節症、関節リウマチ(股関節、膝関節、足関節、肩関節、肘関節)に対する人工関節置換術を行っています。

○脊椎外科分野

担当:梅原亮、浅野孝太
外来日:火曜日、金曜日

脊椎は体の軸となる骨であり、体の大黒柱のような役割をしています。同時に脳からの指令を体の各部位に送る脊髄神経(馬尾神経)を保護するためのトンネルのような役割をしています。
その大黒柱に負担が出たり、バランスが崩れることで肩こりや腰痛がでたり、トンネルの通り道が狭くなることでしびれや痛み、手足の動きの悪さを生じます。肩こりや腰痛は日本で最も多い症状と言われています。最近では肩こりや腰痛に対する薬から神経痛に対する薬まで多くの薬が開発され、効果や安全性が確認されたもとで広く使用されています。専門的な知識をもとに内服治療から日常生活のアドバイスまで行います。また、薬での治療でも十分に効果が得られないときは手術による治療まで行っています。 よく『脊椎の手術をすると歩けなくなるのでしょ?』と言われる方がいますが、そのようなことはありません。当院での手術は国内外でもスタンダードとなっている手術しか行っていません。つまり、手術成績が良好な手術しか行っていません。 それよりも、痛みや麻痺で活動量が低下すると、筋力が落ちて歩けなくなる廃用を来したり、術後のリハビリがうまく進まなくなります。 手術を行う医師は手術の怖い面も熟知しています。当然、手術は最後の手段と考えています。脊椎の経験、知識を有する専門の医師とご相談してください。

○上肢の外科(手外科、肩、肘の障害・外傷)分野

担当:武居功(肩関節)、小山亮太(手外科、肘)
外来日:武居(月曜日、金曜日)、小山(月曜日、木曜日)

上肢には肩から肘、手首、手指が含まれます。治療方針は保存療法で可能なものは、基本的に保存療法を行ないます。保存療法では解剖学的な整復困難な骨折、機能障害が残存しやすい外傷、社会復帰を早期に希望される患者さまなど、患者さまの個々の生活様式も踏まえ、手術治療も積極的に選択しております。

最新の取り組み紹介

外来受診について

受付時間:月~土の8:30~11:00
初診
初めての患者さまはまず午前中の外来診療をお願いします。
専門分野の外来受診の目安は下記のとおりです。
足の外科分野(足の外科センター)
担当:原口直樹、有本竜也
外来日:水曜日、金曜日
人工関節分野
担当:原口直樹、武居功、浅野孝太、有本竜也
外来日:水曜日、金曜日
脊椎外科分野
担当:梅原亮、浅野孝太
外来日:火曜日、金曜日
上肢の外科(手外科、肩、肘の障害・外傷)分野
担当:武居功(肩関節)、小山亮太(手外科、肘)
外来日:武居(月曜日、金曜日)、小山(月曜日、木曜日)

外来担当医表

… 副院長
… 部長
… 主任医長
… 医長
診療

時間
午前 午後

武居 功
梅原 亮

(初診)
小山 亮太
加納 洋輔

有本 竜也
福本 岳(1,3週)
木村 聡美(2,4週)

(初診)
梅原 亮
木村 聡美(1,3週)
福本 岳(2,4週)

浅野 孝太
加納 洋輔

(初診)
原口 直樹
有本 竜也

小山 亮太

(初診)
見上 豪

原口 直樹
見上 豪

(初診)
武居 功
浅野 孝太

(初診)
医員交代制
捻挫の後に足首の痛みがとれない、捻挫ぐせ
捻挫の後に足の甲の痛みがとれない
  • 陳旧性リスフラン関節損傷
捻挫の後に外くるぶしのうしろのスジが外れる感じをくりかえす
  • 反復性腓骨筋腱脱臼
あしの指(2-4趾)の付け根付近の痛み・異物感
扁平足で足首まわり(くるぶしの下など)が痛い
甲高でアーチが高く、かかとや親指の付け根、小指の付け根の接地部が痛い、タコができる
  • 凹足
  • シャルコーマリートゥース病
骨折のあとに痛みがとれない
  • 足関節果部骨折(くるぶしの骨折)や踵骨骨折の変形治癒
  • 外傷後の変形性関節症
踵(かかと)の痛み
  • 足底腱膜炎(足の裏)
  • 踵骨疲労骨折(踵全体)
  • アキレス腱付着部炎(踵のうしろ)
足の裏のしびれ、痛み
  • 足根管症候群
母趾(足の親ゆび)が外を向いて、付け根が痛い
母趾の付け根がはれていたい、そり返せない
手の外傷・疾患
肘の外傷・疾患
  • 肘部管症候群
  • テニス肘
  • 橈骨頭骨折
  • 肘頭骨折
  • 上腕骨遠位部骨折
  • 関節リウマチ
  • 前骨間神経麻痺
  • 後骨間神経麻痺など
小児の外傷・疾患
  • 手指・手関節・肘関節骨端線損傷
  • 手関節・前腕部骨折
  • 上腕骨顆上骨折
  • 上腕骨外顆骨折
  • 上腕骨内顆骨折
  • 内反肘変形
  • 強剛母指など
指の関節が痛い、変形している
  • へバーデン結節
  • ブシャール結節
  • 関節リウマチ
親指・人差し指・中指がしびれる、痛む
薬指・小指がしびれる、細かい作業がしにくい
手関節の内側が痛い
  • ドケルバン病(腱鞘炎)
急に指が曲げられない、伸ばせない
  • 屈筋腱断裂
  • 伸筋腱断裂
  • 末梢神経麻痺
指の付け根が痛む、曲げ伸ばしで引っかかる
  • ばね指(腱鞘炎)
肘の外側・内側が痛い

症例紹介

診療実績

外来

新規外来患者数 2,278人
外来患者延べ数 15,463人

入院

新規入院患者数 751人
入院患者延べ数 11,469人
平均在院日数 13.9日

研究紹介

  1. Haraguchi N, Armiger RS. Mechanism of posterior malleolar fracture of the ankle. A cadaveric study.OTA International. 3(2):e060, June 2020.
  2. Haraguchi N, Ota K, Ozeki T, Nishizaka S. Anatomical Pathology of Subtle Lisfranc Injury. Sci Rep. 2019 Oct 16;9(1):14831.
  3. Haraguchi N, Shiratsuchi T, Ota K, Ozeki T, Gibu M, Niki H. Fixation of the osteochondral talar fragment yields good results regardless of lesion size or chronicity. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019 Sep 21. doi: 10.1007/s00167-019-05716-8. [Epub ahead of print]
  4. Haraguchi N, Ota K, Nishida N, Ozeki T, Yoshida T, Tsutaya A. T1ρ mapping of articular cartilage grafts after autologous osteochondral transplantation for osteochondral lesions of the talus: A longitudinal evaluation. J Magn Reson Imaging. 2018 Aug;48(2):398-403.
  5. Haraguchi N, Ota K, Tsunoda N, Seike K, Kanetake Y, Tsutaya A. Weight-Bearing-Line Analysis in Supramalleolar Osteotomy for Varus-Type Osteoarthritis of the Ankle. J Bone Joint Surg Am. 2015 Feb 18;97(4):333-339.
  6. Haraguchi N, Armiger RS. A new interpretation of the mechanism of ankle fracture. J Bone Joint Surg Am. 2009;91:821-9.
  7. Haraguchi N, Tokumo A, Okamura R, Ito R, Suhara Y, Hayashi H, Toga H. Influence of activity level on the outcome of treatment of lateral ankle ligament rupture. J Orthop Sci. 2009;14:391-6.
  8. Haraguchi N, Armiger RS, Myerson MS, Campbell JT, Chao EYS. Prediction of Three-Dimensional Contact Stress and Ligament Tension in the Ankle During the Stance Phase of Gait Determined from Computational Modeling. Foot Ankle Int. 2009;30:177-85.
  9. Haraguchi N, Toga H, Shiba N, Kato F. Avulsion Fracture of the Lateral Ankle Ligament Complex in Severe Inversion Injury: Incidence and Clinical Outcome. Am J Sports Med. 2007;35:1144-52.
  10. Haraguchi N, Haruyama H, Toga H, Kato F. Pathoanatomy of Posterior Malleolar Fracture of the Ankle. J Bone Joint Surg Am. 2006;88:1085-92.
  11. Haraguchi N, Bluman EM, Myerson MS. Reconstruction of Chronic Achilles Tendon Disorders with Achilles Tendon Allografts. Tech Foot Ankle Surg. 2005;4:154-9.
    Haraguchi N, Toga H, Sekiguchi Y, Kato F. Corrective osteotomy for malunited fracture of the glenoid cavity: a case report. Clin Orthop. 2002;404:269-74.
  12. Haraguchi N, Kato N, Hayashi H. New radiographic projections for avulsion fractures of the lateral malleolus. J Bone Joint Surg Br. 1998 Jul;80:684-8.

2019年度

原口直樹
主な原著
  1. Haraguchi N, Ota K, Ozeki T, Nishizaka S  Anatomical Pathology of Subtle Lisfranc Injury  Scientific Reports 9(1),1-6 2019/10
  2. Haraguchi N, Shiratsuchi T, Ota K, Ozeki T, Gibu M, Niki H  Fixation of the osteochondral talar fragment yields good results regardless of lesion size or chronicity  Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy doi: 10.1007/s00167-019-05716-8,doi:10.1007/s00167-019-05716-8-doi:10.1007/s00167-019-05716-8 2019/09
主な総説
  1. 原口直樹 後果骨折とは何か Bone Joint Nerve 34,363-367頁 2019/07
  2. 原口直樹 足関節果部骨折の手術療法の適応と実際(Weber type B):手術と最近の論点 関節外科 基礎と臨床 38(4),394-398頁 メジカルビュー社 2019/04
主な著書(部分執筆)
  1. 原口直樹 整形外科手術イラストレイテッド 下腿・足の手術 Ⅱ手術法/骨・関節外傷の手術 足関節天蓋骨折 中山書店 2019/12
  2. 原口直樹 OS NEXUS 足・足関節の最新の手術 変形性足関節症に対する低位脛骨骨切り術 MEDICAL VIEW 2019/08
主な講演
  1. 原口直樹 変形性足関節症の治療 -保存治療での疼痛管理と関節温存手術ー 千葉足関節足部疾患研究会 2020/01/22 千葉
  2. 原口直樹 足部・足関節外傷領域におけるcontroversy ―足の外科医はこう考えるー 第2回 徳洲会外傷整形外科部会 鎌倉
    原口直樹 外来でよくみる足部の変形と骨粗鬆症 M-net研究会 2019/11/26 横浜
  3. 原口直樹 リスフラン関節損傷(Subtle injury) 第77回JABO研修会 2019/11/17 豊中
  4. 原口直樹 舟状骨・立方骨骨折 第77回JABO研修会 2019/11/17 豊中
  5. 原口直樹 足関節骨折の病態と疼痛管理 第9回関東オルソぺディッククラブ 2019/10/26 川崎
  6. 原口直樹 足関節果部骨折 病態から後遺障害まで 第8回考える足 2019/06/01 東京
  7. 原口直樹 変形性足関節症に対する骨切り手術 第106回 京都運動器疾患フォーラム 2019/05 京都
  8. 原口直樹 見逃しやすい足部・足関節の外傷 疼痛管理も含めて 順正会神奈川支部会 2019/04/20 横浜
主な学会発表
  1. 原口直樹, 市川翔太, 武居功, 白土崇輝, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 須原靖明, 金武吉彦, 蔦谷淳  Lisfranc関節損傷の診断におけるX線の至適入射角度 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019/10/18 横浜
  2. 原口直樹, 白土崇輝, 葛西亨, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 太田光紀, 西田尚紀, 吉田学誉, 蔦谷淳  距骨への移植軟骨におけるMR T1ρ値の計測の信頼性 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019/10/18 横浜
  3. 原口直樹, 武居功, 白土崇輝, 葛西亨, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, Robert Armiger 後果骨折の発生機序: 屍体実験による解析 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019/10/17 横浜
  4. Haraguchi N, Shiratuschi T, Kumai T, Niki H, Hirano T, Akiyama Y, Mitsui H, Endo W, Karube T, Ota K, Ozeki T, Gibu M  Low tibial osteotomy combined with ankle mortise reconstruction for advanced osteoarthritis of the ankle 7th Triennial Asian Federation of Foot and Ankle Surgeons Meeting 2019 2019/10/11  Bangkok,Thailand
  5. 原口直樹, 市川翔太, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 太田光紀, 尾関琢磨 低位脛骨骨切り術での追加手術が天蓋荷重点を外側へ移動させる効果 第44回日本足の外科学会学術集会 2019/09/27 札幌
  6. 原口直樹, 白土崇輝, 市川翔太, 仁木 久照, 平野 貴章, 秋山 唯, 三井 寛之, 太田光紀, 尾関琢磨, 儀部正樹 拘縮のある重度扁平足に対する治療戦略 第44回日本足の外科学会学術集会 2019/09/27 札幌
  7. 原口直樹, 熊井隆智, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 太田光紀 尾関琢磨 距骨骨軟骨傷害に対する骨釘固定と骨軟骨移植の治療成績の比較 第44回日本足の外科学会学術集会 2019/09/26 札幌
  8. 原口直樹, 白土崇輝, 市川翔太, 熊井隆智, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 太田光紀, 尾関琢磨, 儀部正樹 骨切り手術による変形性足関節症の治療 第44回日本足の外科学会学術集会 2019/09/26 札幌
  9. 原口直樹, 仁木久照, 立浪忍 足関節果部骨折後の足関節機能評価 第45回日本骨折治療学会 2019/06/29 福岡
    原口直樹, 葛西亨, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 太田光紀, 尾関拓磨 外反型変形性足関節症に対する低位脛骨内反骨切り術の治療成績 第92回日本整形外科学会学術総会 2019/05/11 横浜
  10. 原口直樹, 吉田篤弘, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 太田光紀, 尾関拓磨 踵骨骨折変形治癒に対するサルベージ手術の成績 第92回日本整形外科学会学術総会 2019/05/11 横浜
  11. 原口直樹, 葛西亨, 染村嵩, 仁木久照, 平野貴章, 秋山 唯, 三井 寛之, 太田光紀, 尾関琢磨, 儀部正樹 変形性足関節症:病態からみた治療戦略 第92回日本整形外科学会学術総会 2019/05/10 横浜
  12. 原口直樹, 白土崇輝, 仁木久照, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 太田光紀, 尾関琢磨 距骨骨軟骨傷害に対する骨釘固定術の治療成績 第92回日本整形外科学会学術総会 2019/05/09 横浜
武居功
主な学会発表
  1. 武居功, 仁木久照  偽痛風を合併し、診断に難渋した化膿性肩関節炎の1例 第46回日本肩関節学会 2019/10/26 長野
  2. 武居功, 原口直樹, 上野純, 吉田篤弘, 白土崇輝, 葛西亨, 染村嵩, 仁木久照  肩甲骨関節窩および上腕骨大結節骨折に対して観血的整復固定術を施行した1例 第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2019/08/31 大阪
梅原亮
主な学会発表
  1. 梅原亮, 赤澤努, 鳥居良昭, 小島敦, 飯沼雅央, 浅野孝太, 黒屋進吾, 吉田篤弘, 友近顕, 新井賢一郎, 仁木久照  Balloon kyphoplastyにおける後弯角の過矯正は術後矯正損失を増加させる 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019/10/18 横浜
  2. 梅原亮, 赤澤努, 鳥居良昭, 松下和彦, 浅野孝太, 飯沼雅央, 仁木久照  完全麻痺を生じた若年者の結核性脊椎炎に対して手術・投薬治療にて良好な結果を得た1例 第42回日本骨・関節感染症学会 2019/07/19 横浜
  3. 梅原亮, 赤澤努, 鳥居良昭, 飯沼雅央, 小島敦, 浅野孝太, 黒屋進吾, 吉田篤弘, 友近顕, 新井賢一郎, 仁木久照  Balloon kyphoplastyにおける後弯矯正は術後矯正損失を生じ、むしろ後弯角が増大する 第92回日本整形外科学会学術総会 2019/05/12 横浜
  4. 梅原亮, 赤澤努, 鳥居良昭, 飯沼雅央, 小島敦, 浅野孝太, 黒屋進吾, 吉田篤弘, 友近顕, 新井賢一郎, 仁木久照  Balloon kyphoplastyにおいて手術介入時期は後弯矯正損失に影響する~受傷後1ヵ月以内での判断を要する~ 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019/04/19 横浜
小山亮太
主な学会発表
  1. 小山亮太, 村上賢一, 西村敏, 寺内昂, 嶋崎孝輔, 佐藤琢哉, 武居功, 仁木久照  Mycobacterium fortuitumによる腱鞘滑膜炎から小指伸筋腱断裂をきたした症例 第42回日本骨・関節感染症学会 2019/07/19 横浜
白土嵩輝
主な学会発表
  1. 白土崇輝, 原口直樹, 松下和彦, 仁木久照  大腿骨近位部骨折を左右に受傷した症例における骨粗鬆症治療状況と患者背景の影響 第45回日本骨折治療学会 2019/06/28 福岡
熊井隆智
主な学会発表
  1. 熊井隆智, 遊道和雄, 小谷貴史, 谷田部かなか, 油井直子, 仁木久照, 藤谷博人  自己組織化技術による人工軟骨-人工骨複合バイオマテリアルの創製-ラット膝関節における軟骨組織の組織学的分析- 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019/10/18 横浜
  2. 熊井隆智, 遊道和雄, 小谷貴史, 谷田部かなか, 油井直子, 仁木久照, 藤谷博人  三次元培養下における骨芽細胞および破骨細胞の力学的ストレス応答能の解析 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019/10/17 横浜
  3. 熊井隆智, 原口直樹, 武居功, 梅原亮, 小山亮太, 白土崇輝, 市川翔太, 仁木久照  鏡視下に固定した距骨後突起骨折の一例 第694回関東整形災害外科学会月例会 2019/09/28 東京
市川翔太
主な学会発表
  1. 市川翔太, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 大橋優子, 熊井隆智, 原口直樹, 仁木久照  距骨外側突起インピンジメントによる腓骨筋痙性扁平足により診断された若年性特発性関節炎の1例 第44回日本足の外科学会学術集会 2019/09/26 札幌
  2. 市川翔太, 平野貴章, 秋山唯, 三井寛之, 遠藤渉, 軽辺朋子, 大橋優子, 熊井隆智, 原口直樹, 仁木久照  サッカー少年の距骨外側突起インピンジメントによる腓骨筋痙性扁平足により診断された若年性特発性関節炎の1例 第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2019/08/30 大阪
TOP