聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

病院長のご挨拶

理念:『生命の尊厳』を重んじ、常に病める人の声に耳を傾け、癒すこと。
Motto: Love of others, life of dignity, and light of healing

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は『横浜21世紀プラン』の一環として横浜市西部医療圏に昭和62年5月に開院し30年余を経ました。その間、横浜市地域中核病院、地域支援病院として地域の医療を担い歩んでまいりました。これも皆様方のご理解とご協力の賜物と心より感謝申し上げます。
少子高齢化により社会構造は大きく変化しています。その構造変化に対して地域完結型医療の推進が求められています。地域中核病院としては、今後を見据えた地域医療構想をもとに、救急医療、高度急性期、急性期医療の責務を果たしていかなければなりません。また、地球環境の変化により懸念される各種天災にも災害拠点病院として対応していかなければなりません。更には、救命センター、周産期センターを効率よく稼働させ西部医療圏における我々へのニーズに対応して参りたいと思います。
本年より患者支援センターを新たに開設いたしました。この体制を充実させることで患者さまには外来から入院までシームレスな医療の提供が可能となります。各職種が一丸となってチームを組み入院前から退院さらにはその後の生活を見据えて支援を行っていきます。それにより患者さま・家族には、安心して当院を選択し治療を受けられ退院後も不安なく療養生活を送っていただけよう支援していきます。加えて、開かれた中核病院として講堂やカンファレンスルームを開放し市民公開講座や各種支援セミナー等を開催し、地域の健康サービス、医療水準の向上に努め皆様にとって身近な病院となるよう活動いたします。
我々は、理念である『生命の尊厳を重んじ、常に病める人の声に耳を傾け、癒すこと』を実践していきたいと思います。当院には、多くの職員が最良の医療を提供するため日々研鑽しています。患者さまには、われわれの提供する医療により一人でも多くの方が病から解放され日々の穏やかな生活を送っていただきたいと願っています。そのためには地域医療の第一線であるかかりつけ医、医療機関とのネットワーク構築の充実は言うまでもありません。その構築により継続性のある適切な医療を提供できるように、地域医療全体の向上と充実を支援して参ります。当院は、『地域の皆様に求められ信頼に応えられる病院』となり最良の医療を提供できる病院を目指したいと思います。そのためには、皆様方のご指導、ご助言が必要ですので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ