メニュー閉じる

消化器・肝臓内科

ホーム 診療科 消化器・肝臓内科

診療科の特色

逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、食道・胃・十二指腸腫瘍、大腸腫瘍(ポリープ)、総胆管結石、胆管腫瘍、慢性膵炎、膵腫瘍、膵嚢胞性疾患、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変、肝細胞癌など、幅広く消化器疾患の診療を行っています。
患者さまにわかりやすい診療をおこなうために、統一された説明文書で説明をおこない、同意を得て検査・治療をおこなっています。
治療方法に関しましては、外科,画像診断・治療部、病理診断科と密に連携をとり、適切な方法を提示し、お決めいただいております。
腫瘍切除の対象とならない患者さまには、緩和治療として、消化管及び胆管のステントなども積極的に実施し、QOL(Quality of Life)の向上に努めております。
最新鋭の治療用小腸内視鏡を用いて、小腸疾患の診断・治療のみならず、胃全摘後や膵頭十二指腸切除後などの術後再建腸管に対するERCPもおこなっています。
膵嚢胞性疾患に対して、ガイドラインにも推奨されている超音波内視鏡を積極的に用いて、より精度が高い診療をおこなっております。
病理診断科の協力により、超音波内視鏡下穿刺術の際には、全例でROSE(Rapid On-Site Evaluation)をおこない、より侵襲が少なく、かつ精度の高い診断をおこなっております。

外来受診について

受付時間:月~土(土曜日は第2・4・5のみ)の8:30~11:00
特記事項
「初診紹介予約制」を行っております。地域医療機関(かかりつけ医等)から「紹介状」を受け取られてから、地域医療連携担当へ電話で予約をお取り下さい。(受付時間:平日9:00~16:00、土曜日9:00~11:30 休診日を除きます)
セカンドオピニオンも予約制で診療情報提供書、検査データが必要です。

外来担当医表

… 部長
… 副部長
… 医長
診療

時間
午前 午後
高橋 秀明
松尾 康正

(初診)
松本   伸行
五十嵐 洋介

(初診)
野口 陽平
松本   伸行
五十嵐 洋介
佐藤 明
松尾 康正
公文 大輔

(初診)
松本   伸行
公文 大輔
高橋 秀明
野口 陽平

(初診)
松本   伸行
高橋 秀明
野口 陽平
高橋 秀明 松本   伸行

松本   伸行(2週)
松尾 康正(4週)

取り扱い症例

令和元年度の消化器内視鏡検査数は、上部消化管内視鏡2678件、下部消化管内視鏡2250件、逆行性膵胆管造影128件(ほぼ全例が処置目的で、結石除去術43件)、超音波内視鏡162 件(うちEUS-FNA 7 件)です。胃腫瘍に対する内視鏡切除(EMR・ESD)は43件、大腸腫瘍に対するポリペクトミー・EMRが716件、ESD27件です。また消化管出血に対する内視鏡的止血術は上部54件、下部60件です。加えて、胃・十二指腸潰瘍に対するヘリコバクター・ピロリ除菌療法にも、積極的に取り組んでいます。C型慢性肝炎には完治を目指した直接作用型抗ウイルス薬による治療を第一に検討します。B型肝炎は年齢や肝臓の状態に応じて、インターフェロンや核酸アナログ薬による治療を行っています。令和元年度、肝病態評価のための肝生検は33件、胃食道静脈瘤に対する内視鏡治療(EIS, EVL)は14件でした。肝臓腫瘍に対しては手術・内科的治療を患者さまの状態に応じて外科手術・ラジオ波焼灼療法・IVR 治療を適切に選択しています。手術不能な消化器進行癌に対しては、上部・下部消化管や総胆管に対するステント挿入術を積極的におこなっており、患者さまの生活の質が維持できるよう努めています。

地域医療連携について

1.横浜市西部地区における消化器疾患診療(外来・入院)の中心的な役割を果たしております。
2.初診紹介予約制を実施し、患者様には待ち時間が少ないスムースな病診連携を心がけております。
3.安定した患者さまは、地域の先生方に逆紹介をさせていただいております。
4.外科と合同で、地域の先生方との病診令兄のための消化器疾患合同カンファレンスを開催しております。

TOP