メニュー閉じる

腎臓・高血圧内科

ホーム 診療科 腎臓・高血圧内科

診療科の特色

 腎臓高血圧内科は、急性腎障害、慢性腎臓病、水電解質・酸塩基平衡異常、そして高血圧と幅広い疾患を診療の対象としています。なかでも高血圧と慢性腎臓病の患者さんは全国にそれぞれ、4300万人と1300万人います。腎臓高血圧内科の外来で診る患者さんの疾患として特に頻度が高いものとなっています。
 急性腎障害や慢性腎臓病に対しては必要に応じて腎生検を行い、的確な診断と治療を行っています。また、慢性腎臓病の患者さんに対しては慢性腎臓病教育入院を行っています。慢性腎臓病教育入院には、慢性腎臓病を知り、減塩食を体験し、そして慢性腎臓病の進行を少しでも遅くするという重要な役割があります。
 残念ながら腎機能障害が進行し、末期腎不全となった患者さんには腎代替療法選択外来を行っています。腎代替療法選択外来では、患者さんと相談し血液透析・腹膜透析・腎臓移植の3つの中から、個々の患者さんに最適な腎代替療法を選択して頂いています。それぞれの特徴をきちんと理解して頂くことが重要と考えています。
 透析患者さんを対象とした外来としましてバスキュラーアクセス外来と腹膜透析外来を行っています。血液透析患者さんを対象としたバスキュラ―アクセス外来では、バスキュラーアクセスの定期的な診察やシャントの経皮的血管拡張術を行っています。その他、頻度が少ない特殊なものとしましては、薬物中毒や自己免疫性疾患などに対して、他科と連携して血液浄化療法を施行しています。

外来受診について

受付時間:月~土(土曜日は第2のみ)の8:30~11:00
ご案内
「初診紹介予約制」を行っております。地域医療機関(かかりつけ医等)から「紹介状」を受け取られてから、地域医療連携担当へ電話で予約をお取り下さい。
CKD連携パスの患者さんは、連携室で検査の予約と診察日を予約する事が可能です。
セカンドオピニオンは予約制です。診療情報提供書、検査データ、画像データーなどが必要です。連携室に御相談ください。

外来担当医表

… 部長
… 副部長
… 主任医長
… 医長
診療

時間
午前 午後

医員交代制

【バスキュラーアクセス外来】
町田 慎治(1週)

【PD外来】
松井 勝臣

今井 直彦

 

【PD外来】
【バスキュラーアクセス外来】
松井 勝臣

堀内 ゆか

 

【PD外来】
松井 勝臣

牧野内 龍一郎 町田 慎治

松井 勝臣

 

【PD外来】
牧野内 龍一郎

町田 慎治

 

【PD外来】
松井 勝臣

今井 直彦

【PD外来】
松井 勝臣

今井 直彦(2週)
〈4週 緊急のみ〉

主な対象疾患・治療法

急性腎障害
慢性腎臓病・慢性腎臓病教育入院
常染色体優性多発性嚢胞腎・トルバプタン導入入院
IgA腎症
難治性ネフローゼ症候群
高血圧症

取り扱い症例

腎生検施行症例数 60 例
多発性嚢胞腎サムスカ投与症例数 4 例(総計24 例)
CKD教育入院症例数 19 例(総計28 例)
CKD連携パス症例数 25 例(総計120 例)
手術総件数

400 件

<内訳>
シャント手術 44 件
人工血管移植 29 件
長期留置カテーテル挿入 18 件
動脈表在化 10 件
観血的血栓除去術 7 件
シャント瘤切除術 3 件
シャント血管拡張術(PTA) 267 件
腹膜透析(PD)関連手術 22 件

血液浄化療法総件数

6,048 件(452例)

<内訳>
血液透析、限外濾過、血液濾過、血液濾過透析 5,736 件
持続的血液濾過透析 251 件
血漿交換(単純、二重濾過) 16 件
直接的除去・吸着療法(白血球、顆粒球、免疫、エンドトキシン) 15 件
その他(腹水濾過濃縮再静注法(CART)、末梢血幹細胞採取など) 30 件

血液透析新規導入症例数 57 例
腹膜透析通院症例数 34 例(血液透析併用3例 )
腹膜透析新規導入症例数 10 例
バスキュラーアクセス外来通院症例数 153 例(のべ450例/年)
腎代替療法選択外来受診症例数 48 例

(平成30 年度)

地域医療連携への取り組みについて

慢性腎臓病連携パスを用い、近隣の先生方と連携をとりながら、慢性腎臓病患者さんを診ています。また、地域の病院や開業医の先生方と一緒に「横浜西部地区腎疾患・高血圧セミナー」を開催、地域の透析クリニックの先生方と一緒に「横浜西部地区ネットワークの会」を開催しています。

腎臓病教室

コロナの影響もあり、腎臓病教室はしばらく開催できていません。今後状況をみながら開催していきます。

聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科医局サイト紹介

TOP