メニュー閉じる

リウマチ・膠原病内科

ホーム 診療科 リウマチ・膠原病内科

診療科の特色

1) 関節リウマチの早期診断・治療を行っています。
2) 関節リウマチの治療にメソトレキセートと分子標的薬(生物学的製剤・JAK阻害薬)を積極的に使用しています。
3) 膠原病および血管炎症候群の診断・治療を行っています(入院含む)。

※ 扱っていない疾患
1) 線維筋痛症の診断・治療は行っていません。
2) アレルギー疾患の診療(エピペンの処方を含む)は行っていません

外来受診について

受付時間:月~土(土曜日は第2・4・5のみ)の8:30~11:00
ご案内
「初診紹介予約制」を行っております。地域医療機関(かかりつけ医等)から「紹介状」を受け取られてから、地域医療連携担当へ電話で予約をお取り下さい。
(受付時間:平日9:00~16:00、土曜日9:00~11:30 休診日を除きます)
土曜外来は担当医交代制で行っています。

外来担当医表

… 部長
診療

時間
午前 午後
浅利 祐紗 後藤 由多加
医員交代制 後藤 由多加
大矢 直子
後藤 由多加 杉原 毅彦
杉原 毅彦 杉原 毅彦
山前 正臣
杉原 毅彦 杉原 毅彦
後藤 由多加

主な対象疾患・治療法

1. 関節リウマチ、悪性関節リウマチ
2. 全身性エリテマトーデス
3. 強皮症
4. 皮膚筋炎・多発性筋炎
5. 抗リン脂質抗体症候群
6. 混合性結合組織病
7. シェーグレン症候群
8. 成人スチル病
9. ベーチェット病
10. 血管炎症候群
11. 強直性脊椎炎
12. 反応性関節炎
13. SAPHO 症候群
14. 乾癬性関節炎
15. リウマチ性多発筋痛症
16. RS3PE 症候群
17. その他

取り扱い症例数・治療成績等

 取り扱い症例(年度実績) 2019年 2020年 2021年
新外来患者数 505人 329人 487人
外来患者延数 13,846人 10,728人 11,224人
新入院患者数 163人 66人 122人
入院患者延数 2,198人 1,846人 2,152人
平均在院日数 11.7日 19.5日 14.7日
疾患別 通院患者数
①関節リウマチ 1,880人 1,715人 1,632人
 使用中の代表的薬剤
 *メソトレキセート 672人 634人 606人
 *生物学的製剤 313人 320人 196人
 *JAK阻害薬 49人 43人 29人
②悪性関節リウマチ 31人 12人 28人
③血管炎症症候群 135人 174人 219人
 (ANCA 関連血管炎) (33人) (28人) (75人)
④全身性エリテマトーデス 203人 93人 274人
⑤多発性筋炎/皮膚筋炎 99人 82人 133人
⑥強皮症 84人 90人 131人
⑦混合性結合織病 55人 32人 59人
⑧Behcet 病 47人 18人 70人
⑨成人still病 4人 4人 21人

(指定難病に関しては申請患者数のみ記載)

地域医療連携について

1.横浜市西部地区におけるリウマチ性疾患診療(外来・入院)の中心的な役割をはたしております。
2.初診紹介予約制を実施し、患者さまには待ち時間が少ないスムーズな病診連携を心がけております。
3.安定した患者さまは、地域の先生方に逆紹介をさせていただいております。
4.地域のリウマチ診療に携わる先生方と一緒に「横浜西部地区リウマチ連携医会」を開催し、病診連携に取り組んでおります。
5.患者さまのための「市民公開講座」を開催しております。

TOP