メニュー閉じる

脳神経外科

ホーム 診療科 脳神経外科

診療科の特色

当科は、脳神経外科専門医3名、非常勤医師1名の計4名で診療を行っております。手術用顕微鏡はもちろん内視鏡システムや電気生理学的なモニタリング下に安全性を担保しながら、高度な技術と修練が必要な脳腫瘍手術から的確な診断と迅速な治療を要求される脳卒中・頭部外傷まで多岐にわたる疾患の診療を行っております。
具体的に私たちが扱う疾患は、① 良性脳腫瘍 ( 髄膜腫・下垂体腫瘍・聴神経腫瘍など ) ② 悪性脳腫瘍 ( 神経膠腫・転移性脳腫瘍など ) ③ 頭蓋底腫瘍 ( 脊索腫・髄膜腫など ) ④ 脳血管疾患 ( 脳動脈瘤・脳動静脈奇形・モヤモヤ病など ) ⑤ 機能的疾患 ( 顔面けいれん・三叉神経痛など ) ⑥ 脊髄脊椎疾患 ( 腫瘍・脊椎変性疾患など ) ⑦ 小児中枢神経疾患 ( 水頭症・奇形など ) その他に脳卒中 ( くも膜下出血・脳出血など ) や頭部外傷 ( 急性硬膜下血腫・硬膜外血腫・慢性硬膜下血腫など ) のような救急疾患に対しても救急医・神経内科医・放射線科医などと緊密に連携を取り24時間・365日対応しております。
外来診療は当院の外来診療日にはすべて行います。紹介状がない場合でも、初診診療を受け付けますが、出来るだけかかりつけ医より紹介状をお持ちになって受診してください。退院後のサポートに関しては、自宅退院された方は当院外来で、自宅退院が困難な方は病診連携を積極的に活用し、スムーズな転院を心がけております。

外来受診について

受付時間:月~土(土曜日は第2・4・5のみ)の8:30~11:00
ご案内
初診で受診される方は、出来るだけかかりつけ医等から「紹介状」を受け取られてから受診して下さい。
脳神経外科内での細分化された専門領域として、背髄疾患領域と脳血管内治療領域があります。特に脊髄疾患の治療をご希望の方は木曜日に、脳血管内治療をご希望の方は月曜日あるいは水曜日の外来を受診してください。それぞれの領域の専門医が診療のご相談をお受けいたします。またもちろんどの曜日においても、脳神経外科全般の診療を行っております。
特殊外来として、毎週月曜日 午後2時から4時まで スポーツ脳振盪外来を行っております。こちらは完全予約制ですので、当院患者支援センターで予約をお取りください。

外来担当医表

… 部長
… センター長
診療

時間
午前 午後

小野寺 英孝

【脳血管内手術外来】

【スポーツ脳振盪外来】
(完全予約)
中山 博文
中村 歩希
【脊髄外科外来】

中村 歩希
【脊髄外科外来】

中山 博文
小野寺 英孝

 

症例紹介

取り扱い症例数・治療成績等

 取り扱い症例(年度実績) 2019年 2020年 2021年
新外来患者数 609人 378人 530人
外来患者延数 5,111人 4,118人 4,237人
新入院患者数 393人 215人 297人
入院患者延数 5,346人 3,136人 4,514人
平均在院日数 12.1日 12.9日 13.1日
治療成績 2019年 2020年 2021年
年間手術 241件 138件 167件
脳腫瘍(脊髄腫瘍含む) 34件 17件 18件
動脈瘤クリッピング術 25件 25件 32件
頭部外傷 15件 22件 41件
慢性硬膜下血腫 54件 18件 29件
脳出血 15件 6件 7件
微小血管減圧術 1件 1件 2件
脳室腹腔短絡術 10件 5件 13件
血管内治療 48件 20件 42件
脊椎疾患 7件 4件 3件
その他 32件 20件 18件

地域医療連携について

1. 横浜市西部地区における脳神経外科的疾患 ( 脳腫瘍や脳動脈瘤など ) の診療・手術の中心的な役割をはたしております。
2. さらに当院の所在地の立地条件より、近隣の大和市、町田市、海老名市などの医療機関からの紹介患者さまも積極的に受け入れ、診療を行っております。
3. 反対に病状が安定した患者さまは、地域の先生方に逆紹介をさせていただいております。
4. 地域の脳卒中診療に携わる医療機関とともに「横浜西部脳卒中地域連携の会」の事務局を配置しております。これはくも膜下出血などの脳卒中疾患を、急性期に当院で手術を中心に加療し、その後リハビリが必要な患者さまは、豊富な病診連携を通して、時間的に無駄なく迅速に回復期病院にご紹介し、再び当院外来に帰院後には、再びかかりつけ医に紹介しております。まさに切れ目のない ( シームレス )な医療連携を実践しております。
5. 患者さま教育のために「どうする脳卒中 市民公開講座」を年1回開催しております。

 

患者さまへのお願い

現在、当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) 」に協力しています。2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さまの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。
解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さまの個人のプライバシーは完全に保護されます。
本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の脳神経外科 中村 歩希にその旨お申し出下さいますようお願い致します。
その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、学会ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)※外部サイト(「学会が関与する研究」)に「情報公開文書」が掲載されておりますのでご参照下さい。さらに詳細な説明をご覧になりたい方はリンク「説明文書」をご参照頂きますようお願いいたします。
ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

責任者 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
脳神経外科部長 中村 歩希

日本脳神経外科学会データベース事業 事務局
一般社団法人日本脳神経外科学会
〒113-0033 東京都文京区本郷5-26-16 石川ビル4階

TOP