メニュー閉じる

医療関係者の方へ(地域連携のご紹介)

ホーム 病院案内から探す 医療関係者の方へ(地域連携のご紹介)

地域医療連携のご紹介

 当院は救命救急センター、周産期センターを併設する大学附属病院であり、第一義的には高度あるいは特色ある医療の推進と教育機関としての人材育成が担うべき使命と考えられます。またその一方で、地域中核病院、災害拠点病院、地域医療支援病院としての役割を果たすことも強く期待されております。
 患者支援センターでは、病診・病病連携のさらなる強化を図るため、各診療科の診療実績・特色の明示、地域医療機関等への訪問開始、画像検査予約システムの簡素化、先生方からのご依頼に対する当院の対応や応需状況調査、退院後の円滑な在宅医療・介護への移行に向けた支援体制整備、等の実施と改善に努めて参りました。
 令和2年度の紹介患者数は8,229人、逆紹介患者数は7,021人、紹介率は96.9%、逆紹介率は82.7%でした。令和3年度につきましては、逆紹介率の目標値を85%以上とし、地域連携機関の皆さまのご意向を踏まえた運営を行い、ご利用される方々のご期待に添えるよう努めて参ります。
 なお、当院では機能役割分担の観点から、診療情報提供書(紹介状)をご持参されない患者さまには、初診時5,500円、再診時2,750円(いずれも税込)の選定療養費をご負担頂いております。つきましては、ご紹介いただく際には必ず患者さまに診療情報提供書をお渡しの上、まず、総合案内(インフォメーション)へお越し下さるようお伝え下さい。紹介状をお持ちの患者さまの待ち時間がなるべく短くなるように一部の科では「初診時紹介予約制」を行っておりますのでご利用ください。
 診療科が特定しにくい、または特定できない患者さまがいらっしゃる場合も総合案内で対処しますので、お気になさらずご紹介いただければ幸いです。緊急時の診察や入院については各診療科へ直接電話でご相談ください。出来る限りの対応をいたします。
 どうぞ一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

患者支援センター
センター長 内藤 正規

TOP