メニュー閉じる

内視鏡部

ホーム 診療協力部門 内視鏡部

部門の特色

・一人一人に合わせた専門性の高い内視鏡検査、治療の提供をおこなっています。

近年、内視鏡検査は消化器、呼吸器の確定的な診断には欠かすことのできない手段となってきています。また、内視鏡を利用してさまざまな治療も可能となり、今までのような大きな手術をしないで治療できることも少なくありません。
当院の内視鏡部では消化器内科や呼吸器内科、消化器外科に所属する医師による、消化器内視鏡と気管支鏡による診療が行われており、前者は食道・胃・十二指腸・小腸・膵・胆嚢・胆管・大腸を、後者は気管・気管支・肺を対象としています。それぞれの臓器に発生する炎症やがんを発見・診断するばかりでなく、消化管の早期がんやポリープの切除、消化管出血の止血や予防、総胆管結石の除去などの内視鏡的治療も広く行っています。また、胃や大腸腫瘍の内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection: ESD)など、低侵襲な早期がんに対する内視鏡治療にも努めております。

・内視鏡検査による病気の早期発見・早期診断・低侵襲での治療が可能な体制が整い、潰瘍性大腸炎やクローン病などのIBD(炎症性腸疾患)の診断・治療がよりスムーズになりました。

2021年よりオリンパスの最上位機種である次世代内視鏡システム「EVIS X1」を導入しました。従来のNBIシステムに加え、様々な機能を搭載しており、内視鏡検査による病気の早期発見・早期診断・低侵襲での治療を目指す体制が整い、精度の高い検査・処置が可能となりました。加えて、カプセル内視鏡を新たに導入しました。従来の小腸内視鏡と組み合わせることで、小腸の病気やクローン病、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の診断、治療がよりスムーズにおこなえる体制となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・安全で苦痛のない検査を心掛け、安心して内視鏡診療を受けていただけるよう心掛けています。

内視鏡検査での送気に伴う腹部膨満の苦痛軽減と治療内視鏡を安全に行うためにすべての内視鏡検査にCO2(二酸化炭素)送気システムを搭載し、ご希望に応じて適切な鎮静剤を使用し、安全で苦痛のない検査を心掛け、安心して内視鏡診療を受けていただけるよう心掛けています。医師、看護師、内視鏡技師、受付などのスタッフ一同が協力し合い、質の高い内視鏡検査を提供できるよう努力していきますので、よろしくお願いいたします。

TOP