メニュー閉じる

内視鏡部

ホーム 診療協力部門 内視鏡部

部門の特色

一人一人に合わせた専門性の高い内視鏡検査、治療の提供をおこなっています。

 近年、内視鏡検査は消化器、呼吸器の診断には欠かすことのできない手段となってきています。また、内視鏡を利用してさまざまな治療も可能となり、今までのような大きな手術をしないで治療できることも少なくありません。
 当院の内視鏡部では消化器内科や呼吸器内科、消化器外科に所属する医師による、消化器内視鏡と気管支鏡による診療が行われており、前者は食道・胃・十二指腸・小腸・膵・胆嚢・胆管・大腸を、後者は気管・気管支・肺を対象としています。それぞれの臓器に発生する炎症やがんを発見・診断するばかりでなく、消化管の早期がんやポリープの切除、消化管出血の止血や予防、総胆管結石の除去などの内視鏡的治療も広く行っています。また、胃や大腸腫瘍の内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection: ESD)など、低侵襲な早期がんに対する内視鏡治療にも努めております。

内視鏡検査による病気の早期発見・早期診断・低侵襲での治療が可能な体制が整い、潰瘍性大腸炎やクローン病などのIBD(炎症性腸疾患)の診断・治療がよりスムーズになりました。

 2021年よりオリンパスの最上位機種である次世代内視鏡システム「EVIS X1」を導入しました。従来のNBIシステムに加え、様々な機能を搭載しており、内視鏡検査による病気の早期発見・早期診断・低侵襲での治療を目指す体制が整い、精度の高い検査・処置が可能となりました。また、新たなスタッフの加入とカプセル内視鏡の導入により、クローン病、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の診断・治療がよりスムーズにおこなえる体制となりました。

EVIS X1システム(GIF-XZ1200)による早期胃がん観察

通常観察(左)では病変の存在や範囲が同定困難でありましたが、 画像強調モード(Narrow band imaging: NBIモード:右)ではがんの存在と境界範囲が認識可能となりました。

病変境界を正確に診断できた結果、確実な内視鏡切除(ESD)が可能でした。

EVIS X1システム(CF-XZ1200)による大腸内視鏡観察

従来の内視鏡システムやスコープ(CF-H290ZI:左)に比べ高画質になりました(CF-XZ1200:右)。

通常モード(左)に比べて画像強調モード(Texture and color enhancement Imaging:TXIモード)は明るく腸管の奥も見渡せます。

EVIS X1システム(CF-XZ1200)による早期大腸がんの観察

高画質、高倍率な内視鏡観察が可能です。詳細な観察により内視鏡切除可能な病変と診断しました。

原因不明の消化管出血

カプセル内視鏡によって、小腸の放射性腸炎からの出血と診断しました。

炎症性腸疾患の診断と治療

血便と腹痛が持続し、内視鏡で潰瘍性大腸炎(全結腸炎型、中等症)と診断。

生物学的製剤を投与し、血便や腹痛は消失。内視鏡的にも寛解状態となりました。

安全で苦痛のない検査を心掛け、安心して内視鏡診療を受けていただけるよう心掛けています。

 内視鏡検査での送気に伴う腹部膨満の苦痛軽減と治療内視鏡を安全に行うためにすべての内視鏡検査にCO2(二酸化炭素)送気システムを搭載し、ご希望に応じて適切な鎮静剤を使用し、安全で苦痛のない検査を心掛け、安心して内視鏡診療を受けていただけるよう心掛けています。医師、看護師、内視鏡技師、受付などのスタッフ一同が協力し合い、質の高い内視鏡検査を提供できるよう努力していきますので、よろしくお願いいたします。

◎当日内視鏡(上部消化管内視鏡検査のみ)について(※初診の患者さまは紹介状が必要です)

 午前中(11時まで)に受診された患者さまは、ご希望あれば当日内視鏡検査が可能です。
 ご希望の患者さまは、前日19時以降に食事をしないで受診するようお願いします。
※その日の体調や持病、内服状況によっては医師の判断で当日内視鏡をお受けできない場合があります。また、混雑状況によって内視鏡検査までは少しの間お待ちいただく場合がありますのでご了承ください。

TOP