メニュー閉じる
症例紹介
ホーム 症例紹介 人工膝関節
整形外科

人工膝関節

人工膝関節

軟骨の摩耗と変形が膝関節全体に及んでいる場合に行われます。痛んだ関節面を切除して、金属でできた人工関節を通常はセメントで固定します。金属と金属の間にポリエチレンでできたインサートを差し込み一つの関節になります。術後は2-3日後から全体重をかけての歩行訓練を行います。関節を動かす訓練と筋力強化訓練、歩行や階段昇降の訓練を行い、術後約2-3週間程度で退院となります。

 

TOP