メニュー閉じる

保険薬局・製薬企業

ホーム その他の部門 薬剤部 保険薬局・製薬企業

保険薬局

疑義照会の手順

疑義照会は、薬剤部で受け付けます。電話で連絡してください。
病院TEL 045-366-1111(内線4105)
確認事項
1. 薬局名
2. 処方日
3. ID番号(処方せんに印字された氏名右上の8桁の番号)
4. 患者氏名
5. 診療科、医師名
6. 疑義照会内容
7. 回答の御連絡先(薬局電話番号、担当薬剤師名)

 

照会後の手順

処方内容に変更があった場合

処方せんに変更内容を記載し、薬剤部宛にFAXしてください。
薬剤部直通FAX 045-366-1183(24時間対応)

 

服薬情報提供書(トレーシングレポート)

急ぎではないが医師に検討してほしい内容・提案、次回診察時の参考となる情報提供の際にご利用ください。
*疑義照会ではありません。次回の診察時の対応で間に合う場合にのみ使用してください。
*急ぎの内容・疑義照会はお電話でお願いします。

《トレーシングレポートで報告いただきたい情報の例》

・ 処方内容に関する提案
・ 継続の必要性が乏しい薬剤についての情報提供(ポリファーマシー)
・ 副作用の報告
・ 残薬調整、服薬状況に関する報告 など

《報告の流れ》

保険薬局 → 西部病院薬剤部 → 処方医
用紙をダウンロードして必要事項を記入の上、当院薬剤部へFAXを送信してください。
薬剤部でとりまとめて処方医へ報告します。

 

吸入指導報告

吸入指導報告書は、呼吸器内科宛にFAXしてください。
内科直通FAX 045-366-8457(受付時間17:00~8:00)

 

調剤過誤発生時の対応

速やかに処方医へ連絡し、医師の指示に従ってください。調剤過誤状況報告書は薬剤部宛に郵送してください。

 

持参薬の照会

下記の用紙を用いて、患者さまの持参薬(常用薬)の情報提供を依頼することがあります。ご協力をお願いします。

 

薬薬連携

旭区・瀬谷区薬剤師会と、定期的に意見交換をしています。また、安全な薬物療法を継続して患者に提供するために、旭区・瀬谷区薬剤師会と定期的に連絡会及び勉強会を共催しています。

製薬企業

MR訪問ルール

 

新薬ヒアリング

申請手順

新薬ヒアリングは、医薬品の特徴、治療上の位置づけ、監視すべき薬物有害反応、及びRMPに基づいた安全性について説明してください。ヒアリングを申し込まれる場合は、医薬品情報室にお問い合わせください。平日11時から30分程度で行います。院内でのプロモーション活動は、ヒアリング後、薬事委員長の承認を得て、実施可能となります。

新薬ヒアリング

 

TOP