メニュー閉じる

病院長のご挨拶

ホーム 病院案内から探す 当院のご紹介 病院長のご挨拶
 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は1987年に設立され、皆様の温かいご支援のおかげで、地域医療における中心的な急性期総合病院として発展してまいりました。心より感謝申し上げます。
 

 当院は大学の附属病院であると同時に、横浜市の地域中核病院です。すなわち「大学病院ならではの高度な医療を提供すること」と「地域医療のニーズに応え、地域に貢献すること」の両立が求められています。これに応えるために当院は25の診療科を擁し、また心臓血管センター、救命救急センター、周産期センター、こどもセンター、足の外科センターにおいては、それぞれの分野に特化した包括的な医療を行ってまいりました。さらに神奈川県の三次救急医療機関であり、災害拠点病院、地域周産期母子センター、地域医療支援病院などの役割を担っております。

 
 新型コロナウイルス感染症はいまだに収束が見えない状況であり、各医療機関はその予防と治療を行いながら、通常の医療を進めていく時代になってきました。当院では入院時のスクリーニングの徹底など、しばらくはご不便をおかけしますが、どうかご理解下さいますようお願い致します。また長期的にも少子高齢化にともなって医療をとりまく環境は大きく変化しており、私たちもその変化に柔軟に対応していく必要があります。今後も地域医療の中核的な役割を果たしていくためには、たゆまぬ自己変革が必要であり、「選ばれる病院である、あり続ける」ため、当院自らの存在価値をより一層高める努力をしてまいります。
 
 これまで築いてまいりした伝統と信頼を引き継ぎ、これからも「この病院で治療を受けてよかった」と地域の皆様に思って頂けるよう、また医療機関の方々には「西部病院に患者さんを依頼して間違いなかった」と感じて頂けるよう、職員一丸となり診療に取り組んでまいります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

病院長 原口 直樹

TOP