メニュー閉じる

感染制御の日

 当院において令和2年4月20日に新型コロナウイルスの院内感染が判明し、患者さま38名、職員42名の感染が確認され、うち患者さまの14名が亡くなられました。

 この一年間、全職員が院内感染の事実を重く受け止め、信頼回復に努めてまいりました。
 この院内感染を風化させることなく、全職員が感染対策を確実に行い患者さまに安全で安心な医療を受けていただくために、4月20日を「感染制御の日」と制定し、令和3年4月20日に多くの職員の列席のもと、新型コロナウイルス院内感染追悼式を執り行いました。

 全職員が院内感染で亡くなられた患者さまやご遺族の皆様の思いを忘れず、二度と大規模な院内感染を起こさない決意を改めて胸に刻みました。

一、黙祷

一、式辞  副院長 感染制御室室長 佐野文明

一、病院長のことば  病院長 國場幸均

一、追悼の辞  副院長 原口直樹

一、追悼の辞  副院長 看護部長 伴真理子


一、献花

感染制御の日 掲示物

 

 

 

 

TOP