メニュー閉じる
症例紹介
ホーム 症例紹介 虫垂炎
小児外科

虫垂炎

緊急手術となることが多い小児虫垂炎ですが、当院では緊急手術でも腹腔鏡で手術をしています。腹腔鏡虫垂炎手術の中でもよりキズの目立たない単孔式手術を行っています。入院期間は虫垂炎の重症度によって異なりますが、退院翌日から通園、通学していただけます。

虫垂炎とは?

いわゆる「盲腸」です。小腸と大腸の境に盲腸があります。虫垂炎は「盲腸」と言われますが、実際には盲腸から垂れ下がった“虫垂”という腸に炎症が起き、右下のおなかが痛くなります。原因は様々ですが、糞石という便の塊や異物などにより虫垂が詰まってしまうことが多いと考えられています。虫垂はおなかの中で移動できるので、痛みの部位は一定ではないこともあります。虫垂は正常で直径4mmくらいですが、虫垂炎になると風船のように膨らんでいきます(非穿孔性虫垂炎)。さらに虫垂炎が進行すると、膨らんだ虫垂が破裂して穴があき、おなかの中に膿が出てしまって重症化してしまいます(穿孔性虫垂炎)。虫垂炎は穴があく前とあいた後では手術の大変さ、入院期間、手術後の合併症確率が大きく異なります。虫垂に穴が開く前に治療をすることが大事です。

治療について

虫垂炎はこどもでもおとなでも起こります。小児では発見が難しく、穿孔性虫垂炎への進行が早いことから当院では手術を第一の治療としておすすめしております。小さいお子さんで元気がなく、ぐったりしているような場合では、とくに早急な手術が必要です。発見が早く、お腹の痛みがまだ弱い虫垂炎のときは、抗生剤で散らす治療を行うこともあります。抗生剤で散らす治療は約1週間の入院です。虫垂は残ったままなので約20%が再び虫垂炎になると言われています。

手術について

当院では緊急手術であっても腹腔鏡手術を行っております。腹腔鏡手術とは手で直接手術するのではなく、細長いカメラ(腹腔鏡)とマジックハンド(鉗子)を用いて小さいキズで手術をする方法です。さらに当院では腹腔鏡手術の中でもさらにキズの目立たない単孔式腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。通常の腹腔鏡手術ではおなかに3か所のキズをつけますが、単孔式腹腔鏡手術ではおへそ1か所のキズで手術を行います。穿孔性虫垂炎の場合はキズが増えたり、術式が変わったりする可能性があります。

虫垂の根本を糸で縛り、その先で虫垂を切って摘出します。

入院について

腹腔鏡手術では従来の開腹手術よりも体へのダメージが軽くなり、入院期間も短くすることができます。穴のあいていない虫垂炎(非穿孔性虫垂炎)の入院期間は4~6日程度です。一方で穴のあいてしまった虫垂炎(穿孔性虫垂炎)の入院期間は10日~2週間程度を必要とし、もし合併症が起きてしまった場合はさらに入院期間が延長します。
退院となってからは激しい運動やプールなどを術後初回外来まで控えていただきますが、退院翌日から通園、通学していただけます。吸収される糸で縫うため抜糸や消毒はいりません。

術後外来について

術後1週間を目安に小児外科外来でキズのチェックをします。その後は運動制限などを解除いたします。その後、通常は術後1ヵ月、3ヵ月を目安に外来受診していただいてキズのチェックなどをします。

横浜市内の方はもちろんですが、横浜市外や神奈川県外の方もお気軽にご相談ください。

TOP