メニュー閉じる
不整脈のカテーテル治療とペースメーカー治療の両立
ホーム 不整脈のカテーテル治療とペースメーカー治療の両立

不整脈のカテーテル治療とペースメーカー治療の両立

不整脈のカテーテル治療とペースメーカー治療の両立

当院は不整脈でお困りの患者さまに対してより良い医療を提供します

当院は日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医研修施設、ICD/CRT植え込み認定施設、日本心血管インターベンション治療学会専門医研修施設認定として認定を受けており、不整脈に対してカテーテル治療(カテーテルアブレーション)やペースメーカーをはじめとしたデバイス治療を数多く実施しています。

当院循環器内科では、心臓カテーテル治療に力を注いでおります。心臓カテーテル治療にも多くの種類がありますが、今回は不整脈診療についてご紹介いたします。

いわゆる不整脈といっても、症状は様々です。中には症状がないまま、気が付かないうちに健康診断などでたまたま不整脈が見つかることもあります。不整脈は大きく分けて、脈が速くなる頻脈性不整脈と脈が極端に遅くなる徐脈性不整脈に分類されますが、いずれの場合にも軽症なものから、生命を脅かすような重篤な病気に至る場合もあります。重症なものの中には、突然発症し、場合によっては意識を失うような失神を伴う場合や、激しい動悸、胸の不快感や圧迫感を伴うものもあり、心不全に至ることもあります。最も重症な不整脈では突然死の原因ともなり得ます。

当院ではこのような不整脈治療を重要ととらえ、今年度から不整脈専門医が2名に増員され、的確な不整脈診断、治療を行い、横浜市西部医療圏における中核医療を担うことを目指しております。当院における不整脈診療は、外来および入院で行い、今回ご紹介するカテーテルアブレーションや心臓植え込みデバイス治療を中心として、心臓CTやMRI、超音波といった画像診断と組み合わせることで患者さまに安全で有効性の高い治療を提供することを心がけています。また、積極的に地域のかかりつけ医の先生方との連携を行い、地域に根差した不整脈診療を行っています。

カテーテルアブレーション

カテーテルアブレーション

カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)とは、カテーテルと呼ばれる直径2mm程度の細い管を、足の付け根の血管などから挿入し心臓まで進めてゆき、カテーテル先端から高周波通電を行うことで、心臓の筋肉に熱を加えることで焼灼し不整脈の原因となる部位の治療を行うことです。対象となる不整脈は脈が速くなる頻脈性不整脈であり、近年では心房細動の患者さまが最も多くなっています。体内に何も残さずに不整脈の根治を狙うことができる治療法です。

専門的な知識や技術、医療器材を要する治療であり、行うことができる施設は限られていますが、当院では治療のために必要な3次元マッピングシステム(CARTO、EnSite)や心腔内超音波をはじめとした専用の設備を備えており、不整脈専門医が治療に携わることで、患者さまに安全で有効な治療を提供できる環境を整えています。また、最も患者さまの多い心房細動に対しては高周波通電のみならず風船(バルーン)を用いた冷凍凝固によるカテーテルアブレーションも積極的に行っており、手術時間の短縮など患者さまにとってなるべく安全で負担の少ない治療を提供することを心がけています。麻酔は局所麻酔で行う場合と、全身麻酔で行う場合があり、入院期間は患者さまの状態により異なりますが、心房細動に対してのアブレーションは3泊から4泊、心房細動以外のアブレーションでは2泊の入院が目安となっています。

心臓デバイス治療

心臓デバイス治療

近年植え込みデバイス治療は目覚ましい進歩を遂げています。心臓デバイスとは、ペースメーカーを代表とする体の中に植え込みする器械の総称です。

ペースメーカーは体内に静脈経由で電線(リード)と本体を胸の皮下に植え込むことで、心臓に電気信号を送り脈拍を確保します。対象となるのは脈が遅くなってしまう徐脈性不整脈です。従来のペースメーカーも患者さまにとって非常に有効な治療となりますが、当院では患者さまの状態により電線の無いリードレスペースメーカーの植え込みも行っており、患者さまの生活の質(QOL)の改善を目指しております。

さらにデバイス治療として、致死的不整脈を有する患者さまに植込型除細動器(ICD)や完全皮下型植込型除細動器(S-ICD)の植え込みを行っております。ICDは自動的に不整脈を監視しすばやく発作に反応して治療を行い不整脈発作による突然死を防ぎます。また心不全患者さま専用のペースメーカーである心臓再同期療法(CRT)は心不全に必要な治療法として確立されており、当院でも積極的に治療を行なっております。

これらの心臓デバイスの植込術は5泊前後の入院が目安となっています。なお、植え込みデバイスの多くは、自宅から情報を病院へ送信する遠隔モニタリングに対応し、不整脈の早期発見、デバイスの異常などを発見することが可能となっており、安心して利用できるようになっています。

 

当院循環器内科では、これらの様々な治療方法を選択肢として備え、不整脈でお困りの患者さまに対してより良い医療を提供しています。

TOP