メニュー閉じる
聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院
感染制御室の紹介

感染制御室の紹介

感染制御室は、2020年5月に新型コロナウイルスの院内感染が発生したことを契機に、院内感染対策強化のためにこれまでに医療安全対策室にあった感染対策部門を病院長直轄の組織とし設立されました。患者さまに安全でよりよい医療を受けていただくために、院内・院外の関連する部署と協働して感染対策の様々な活動を行っています。

1.室員

室 長(医師) 佐野文明
副室長(医師) 齋藤浩輝 (院内感染管理者)
若竹春明
看護師 細谷美鈴(感染管理看護師)(専従)
松本 香(専従)
内田ゆかり(専従)
薬剤師 中薗健一(専従)
勝 綾香
臨床検査技師 田中洋輔
事務職 鏑木真弓(専従)
黒沢裕哉(専従)
様子

2.業務体制

感染制御室には感染対策の実務を行うチームが2つあります。2つのチームには、感染制御室員以外の多職種の職員が加わり業務を行なっています。

(1)感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)

感染制御室で取り組んでいる感染防止対策業務を、病院内の各部署において実施するためのチームです。チームの構成員は医師、看護師、薬剤師、検査技師など多職種です。代表的な活動としては、毎日の院内巡回による院内感染事例の把握、院内感染対策の遵守状況の把握と指導、抗菌薬の適正使用の評価・指導、問題となる病原体の検出動向の確認などを行なっています。

(2)抗菌薬適性使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)

薬剤耐性菌の問題は年々深刻となり、薬剤耐性菌感染による死亡者の数が増加しています。抗菌薬の不適切な使用や長期間の投与が、薬剤耐性微生物を発生あるいは蔓延させる原因となりうるため、その対策として患者さまへの抗菌薬の使用を適切に管理・支援するためのチームです。チームの構成員はICTと同じく医師、看護師、薬剤師、検査技師など多職種です。特に薬剤師は、専従(この業務だけに従事する)として配置されています。

3.主な業務

1.感染対策の策定と実施

医療関連感染(手術後の感染症や点滴のカテーテルなど医療機器を介した感染症等)がどのくらいの頻度でおきているか、なぜ発生しているかについて調査・検討し、これらに関する感染症を減らすための対策を行っています。
今回の新型コロナウイルス院内感染に対する様々な対策も感染制御室で計画し実施しました。

2.検出菌の注意深い監視と院内感染対応

感染症(市中・院内)、薬剤耐性菌に関する発生状況や変化を継続的に監視することで感染症の動向を把握したり、対策の効果を判定したりします。種々の情報を収集し、検証、分析することで院内感染が起こらないようにします。

3.感染対策に関するコンサルテーションへの対応

医療関連感染の予防と管理について、患者さまとその家族及び医療従事者の相談に対応します。

4.職員や委託業者への感染対策に関する啓蒙と教育

感染防止対策に関する各種マニュアルの整備や職員への教育とともに、職員が手洗いなどの感染伝播防止対策を適切に行えているか監査を行っています。

TOP