新型インフルエンザ等対策シミュレーション訓練!

11月14日、晴天の中、新型インフルエンザ等対策帰国者・接触者外来設置シミュレーションの
模擬訓練が行われました。
臨床研修センターからも1年目研修医 内山先生が患者役として参加させて頂き、貴重な経験を
させて頂きました。

  

  

PPE着脱訓練も同時に行われ、1年目研修医 飯塚先生、竹内先生、田代先生も着脱の訓練を行いました。
 

 

感染管理認定看護師 細川副師長より以下のコメントを頂きました。
「今回のシミュレーションには、内閣官房新型インフルエンザ等対策室、厚生労働省、横浜市健康福祉局、横浜市保健所の
ご担当者や院内外より多くの見学者を迎え、仮設専門外来の見学をはじめシミュレーションの様子を見学して頂きました。
多くの皆さまのご協力のもと、無事に訓練を終えることができました。
研修医の先生方にもPPE着脱訓練からシミュレーションまでご参加頂きました。
今後、新型インフルエンザ等の発生時には今回の訓練を生かして対応していきましょう。
皆さま、ご協力ありがとうございました。」

(臨床研修センタースタッフ)