gree2

 聖マリアンナ医科大学は昭和46年に設立された、我が国唯一のキリスト教的理念を建学の精神とする医科大学で、50年にわたり愛と奉仕の精神に満ちた医師を数多く養成してきました。当院は、その附属病院として昭和62年5月に横浜市西部地域の中核病院として開院し、地域の医療を担うとともに、医師をはじめとする多くの医療人の教育施設としてもその役割を担ってきました。
当院の特徴は、先進かつ高度な医療を実践するとともに、多様な症例を経験できる「市中的大学病院」といえます。25の診療科と救命救急センター、周産期センター、こどもセンターなど5つのセンターは、各種学会の認定教育施設にもなっており多くの指導医、専門医が日々診療・教育・研究に従事しています。従前より初期臨床研修の充実に取り組んでおり、平成27年には基幹型臨床研修病院となって他施設での研修を幅広く受けられるようになり、平成30年にはプログラムや指導体制の充実などについて評価・認定する卒後臨床研修評価機構(JCEP)の認定を受けるなど体制作りにも取り組んでいます。
また、市内をはじめとする多くの研修協力病院と連携をはかりながら他施設での研修も行っています。地域医療研修では、鹿児島県、石川県、福島県、千葉県などの医療機関において、その地域に根差した医療を体得することができ、例年有意義な時間を経験しています。
初期臨床研修医としての2年間は多くの実践的な医療知識・技術を得、医師としての基礎を築くとともに、その後の成長に大きく影響する重要な期間です。その貴重な時間を熱心な指導医と病院スタッフとともに過ごし、有意義な研修を積んで、患者さまから信頼される医師をめざしていただきたいと思います。
私たちの病院の理念「『生命の尊厳』を重んじ、常に病める人の声に耳を傾け、癒すこと」のもと、皆さんと一緒に学ぶことを楽しみにしています。